技術

補足資料:Windows 7 PCルーター化の留意点

1. メモ帳に次のコマンドを書き込む➡PC2Router.batという名前でセーブする。
この一連のコマンドを何度もたたくことになると面倒なので、.batファイルを作成し、ワンクリックで実行できるようにする。SSIDとkeyはクライアントが当該PCルーターに無線LAN続するときに使うもので、自分の覚えやすいものにし、かつセキュアなものにする。なお、DOSコマンドを1行ずつ叩いて実行したいときは、Windows PCのスタートメニューからコマンドプロンプトをクリック・実行すればよい。実行しないといけないコマンドはnetshではじまるものだけになる。

@echo off
rem ————————————————-
rem Windows PC to PC Router
rem ————————————————-
netsh wlan set hostednetwork mode=allow
netsh wlan set hostednetwork ssid=wifi-thinkpad
netsh wlan set hostednetwork key=thinkpad@1234 keyusage=persistent
netsh wlan start hostednetwork

各コマンドの意味:
1行目 Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter を有効化する。
2行目 SSIDを定義する。赤い文字を自分向けに変更する。
3行目 暗号化キー(パスワード)を定義する。赤い文字を自分向けに変更する。

※ PCルーター化を無効にするときはmode=disallowとする。
netsh wlan set hostednetwork mode=disallow

2. PC2Router.batをクリックして、一連のDOSコマンドを実行する。

設定できないときの対処の仕方
無線LANを利用したPCルーター化の場合、Wirelessが既存アダプタに自動的に接続になっていると、PCルーター化がうまくいかないときがあるので注意を要する。無線LANは自動接続しないようにプロパティを変更して置く必要がある(無線LANを使えない設定にしておくという意味)。
① PCルータ化がうまく行かないとき、簡単な対処方法は、上記のコマンドプロンプトPC2Router.batを実行する。
② LTEルーターをUSBに接続する。
③ LTEルーターのアダプタのプロパティを設定する。設定のしかたは、3.以下に示す通り。

3. Windows 7のアダプタの設定をする。

① アダプタのプロパティを開ける。アダプタは、ネットワークと共有センターの左側の「アダプタの設定の変更」をクリックして探すことができる。
② 共有タブをクリックする。
③ 「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータの・・・」をチェックする。
④ ホームネットワーク接続の欄で有線LANのアダプタを選ぶ。この例ではE’Net。この欄に無線LANのアダプタを選択すれば、PCルーター化(無線LAN)になる。
⑤ その下の「ネットワークのほかのユーザーに、共有インターネットの接続の制御や無効化を許可する」をチェックする。

※ 設定が正しく終わると、下の右図のように2つのアダプタが表示される。この例では、EMとE’Netの2つ。スクリーンショット 2013-03-19 19.39.11