技術

便利にMac:起動・再起動のときの音を小さくする方法

Macを再起動させたとき、あるいはMacが勝手に再起動したとき、突然鳴る大きめのボワーンとかジャーンという起動音には、心臓がパクパクしてしまいます。このボワーンを小さくする方法があります。

フリーソフトもありますが、ここではターミナル(コマンドプロンプト)を使って変更します。アプリがいくつか出ていますが、ミュートするだけならこの方法が簡単・安心です。

  • アプリケーション➡ユーティリティ➡ターミナル
  • sudo nvram SystemAudioVolume=%01
  • ログオンパスワードを入れます。
  • 念のため、このあともう一度、sudo nvram SystemAudioVolume=%01を実行してみました。
  • OS X 10.9 / 10.10のいずれでも有効です。2014.10.21に再確認しました。注意事項として、再起動が必要なOSアップデートをしたあとに再設定する必要があります。

スクリーンショット 2013-08-21 8.05.51

補注:
%01は音量です。%01だとかすかに小さい音で聞こえます。完全に消してしまうと、PRAMクリアが必要になったときに不便です。
② sudo nvram SystemAudioVolume=%01を表示されたコマンドの後にcopy and pasteしてenterキーを押す方が簡単に実行できます。
③ PRAMクリアをしたあとは再設定が必要です。
④ ボリュームの大きさに合った音量になります😃
⑥ これだけのことにアプリを使うのは、安全性上、心配な気がします。それに、2つ試してみましたが、OS 10.10では狙い通りになりませんでした。

上記のターミナルコマンドでやる方法が確実でした。ただし、このページを自分ですぐに見つけられなかったので、ミュート、再起動、起動音、ジャーン、ボワーンなどのキーワードをこのーページに追加しました。

Categories: 技術, 便利にMac