ひとつの見方

Pocket WiFi GL09Pは選択できない

イーアクセス(EM)がGL09Pの販売を開始しました。買い替えを検討した結果、GL09Pには行けない、というのが結論でした。
また、Pocket WiFiを解約すべきという
結果にもなりました。

softbankpocketwifi203Z-686x387

残念なことは、GL09Pに行けないどころか、Pocket WiFiを解約し、「ほかのキャリアに乗り換えた方がいい」という結論に至ったことです。「Pocket WiFiで家庭内ネットワークを構築」はすっかり幻想となりました。

主要な理由は次の通りです。

  • GL09Pは7GBの利用制限があり、これを超過すると、速度が128Kbpsになり使いものにならない。
  • 7GBを超過した場合、2GB毎に2,625円の追加料金が発生する。
  • 試算ベースでは、利用実績からは60GB/月が想定され、70,000円/月の利用料金で納まりきらない。
    9:00〜24:00を18:00〜24:00としても土・日を考慮すると35,000円/月くらいになり、現実的でない。
  • Pocket WiFi現契約も「2014年5月以降、当月でご利用データ通信が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御します」となっている。つまり、GL09Pに乗り換えない場合でも、Pocket WiFiを解約し、「ほかのキャリアに乗り換えた方がいい」ことになる。
  • GL09Pの問題として、LTEか、4Gか、3Gか有利な通信を選択できない問題があり、必ずしもスペック通りのスピードにならないことが予想される(実際にそういう報告も出ている)。

それで、次のような代案を比較検討をしてます。

  • NTTのフレッツ光 + ホットスポット
  • auもしくはUQのWiMAX + 3G
  • J:COMの160Mbps + CS 5チャンネル + ホットスポット