ひとつの見方

キヤノン、カメラ事業は全く悲観せず。

8月23日(金)ロイターの記事
御手洗冨士夫会長兼社長、一眼レフカメラは今後も持続的な成長が期待できる。カメラ事業は全く悲観していない。

構想通りに実現できれば、カメラ事業の将来は明るく、期待できます。あくまでも、実行可能な戦略であればの話です。

デジカメ関係のキーメッセージは次の通りでした。

第2四半期決算発表

  • 2013年12月期のデジタルカメラ販売を下方修正
  • コンパクトカメラは前年比23%減の1400万台と減少幅を大きくした
  • レンズ交換式カメラは下方修正しながらも、前年比9%増の900万台と販売増の計画を維持

IDC

  • 2013年のデジカメ出荷見通しは、コンパクトが前年比40.2%減
  • 一眼レフカメラも同11.3%の減

ニコン

  • 4―6月期決算でデジカメの販売台数を下方修正
  • レンズ交換式カメラを前年比6%減の655万台に引き下げ

カメラビジネスに対する強気の姿勢

  • 1―6月期では一眼レフは欧州と中国で落ち込んだ
  • コンパクトが落ちている分だけ損益は落ちている
  • アナログカメラからデジタルカメラへの買い替え需要が減ってきている、最近はそれがだいぶ消化されてきた
  • 買い替え需要が減っても、一眼レフを持っている人はお金持ちなので、まだ売れる
  • アナログカメラは成熟期になっても3―5%の成長があったが、これからも一眼レフは数%ずつずっと伸びていく

期待を集めたミラーレス

  • キヤノンは一眼レフが本命
  • ミラーレスはやめない

コンパクトの落ち込みが激しい

  • スマホに押されている
  • コンパクトの販売台数は最盛期の半分(1400万台)になったが、まだまだ1―2割落ちる
  • 年間1000万台を割ることはなく、その前に下げ止まる
  • コンパクトカメラは50倍ズームで土星の輪が撮れる機種もある。スマホとは仲良くなっているし、共生できる。

デジカメを中心とする「イメージングシステム事業」

  • 昨年1月から参入した映画用カメラ事業があるし、今後は監視カメラが増えてい く。
  • 監視カメラは、今年1月からデジタルカメラの事業部から独立して、専門部門を立ち上げた
  • 監視カメラは数兆円の市場規模があり、2016年 以降に1000億円の事業に育てたい

スクリーンショット 2013-08-28 14.13.34