技術

便利にMac:outlook.com IMAPのメール設定

iCloudメール(Macの標準メール)でoutlook.comのIMAPに対応するための設定のしかたです。

(追記) outlook.comのIMAPは使えるには使えるのですが、サーバーとの接続が安定せず、しょっちゅうメールが取れなくなる現象が出ています。それでPOPに戻しました。POPの場合、そのようなことはなく安定しています。もう少し待って、こなれてから使った方が良さそうです。2013.9.22現在。

(追記) outlook.comメールは、OS X付属の「メール」で受け取ると不安定になるため外しました。iOSメールでは問題がないので、こちらを使っています。OS X Yosemiteです。2015.1.18現在。

いくつか注意しないといけないことがありましたので、再度、整理しなおしました。Mac OS X 10.8.5になります。特に注意を要するのは送信メールサーバの設定です。

1. アカウントの追加

  • メニューバーから「メール」を選択➡「環境設定」を選択してアカウント設定を行うUIを表示する。

スクリーンショット 2013-09-14 11.17.16

  • 下図UIの左下にある+をクリックして「アカウント追加」の画面を出す。
    (参考) アカウント設定が終われば、次のような画面表示になる。ただし、メールアドレスは修正前。

スクリーンショット 2013-09-14 12.10.29

2. アカウント追加の設定

  • 受信用メールサーバ:imap-mail.outlook.com
  • 氏名:雷山に雨 (実際に使う氏名を設定)
  • ユーザ名:雷山に雨@outlook.com (適当)
    あとでまとめて変更するので適当でよい
  • パスワード:(実際のパスワードを設定)
  • 「続ける」をクリックするとメッセージが表示されるが、無視して「続ける」を再度クリック

スクリーンショット 2013-09-14 9.13.03

3. 受信用メールサーバーの設定

  • アカウントの種類:IMAP
  • 受信用メールサーバ:imap-mail.outlook.com
  • ユーザ名:雷山に雨@outlook.com (適当)
    あとでまとめて変更するので適当でよい
  • パスワード:(実際のパスワードを設定)
  • 「続ける」をクリックするとメッセージが表示されるが、無視して「続ける」を再度クリック

(注意) 既存のアカウントを削除してIMAPに変更する場合、この画面が出ない。ユーザ名をメールアドレスとして使ったものでない適当なものにして登録することがひとつのポイントになる。ここでIMAPを選択できなくても、設定そのものをIMAPのものにすればうまく動くが、イマイチ心配な方はこの方法が無難かも。

スクリーンショット 2013-09-14 9.14.43

4.受信メールのセキュリティ

  • SSLを使用 / 認証はパスワード

スクリーンショット 2013-09-14 9.15.01

5. 送信用メールサーバーの設定

  • 送信用メールサーバ:smtp-mail.outlook.com
  • ユーザ名:雷山に雨@outlook.com (適当)
    パスワード:(実際のパスワードを設定)
  • 「続ける」をクリックするとメッセージが表示されるが、無視して「続ける」を再度クリック

スクリーンショット 2013-09-14 9.17.06

5. 送信メールセキュリティ

  • SSL:チェック
  • 認証:パスワード

スクリーンショット 2013-09-14 9.17.22

  • 「続ける」をクリックすると、アカウントの概要が表示される
  • 「作成」をクリック

スクリーンショット 2013-09-14 9.17.38

6. メールアドレスの修正とTLS設定

  • メールアドレスを修正する
    雷山に雨@outlook.com➡正しいメールアドレスに修正
    ① メールアドレス ② ユーザー名に正しいメールアドレスを設定する
  • TLS証明書の「なし」をクリックし、TLS証明書を選ぶ
  • iCloudのアカウントをクリックすると保存するか、保存しないか聞いてくるので、修正内容を「保存」する

スクリーンショット 2013-09-14 9.19.16

7. 送信用メールサーバーの修正

  • 「送信用メールサーバー smtp-mail.outlook.com」の右側矢印をクリックし、一番下の「SMTPサーバーリストを編集」を選ぶ。
  • サーバーリスト一覧が表示される。その中に登録したメールアドレスのものがあるので、これをクリックする。ここで重要なことは、正しいサーバーを選ぶこと。
  • 「詳細」をクリックする。
  • カスタムポート使用:587
  • SSLを使用:チェックを入れる
    (補注)公開されている情報ではTLSとなっています。理由は不明ですが、ここでSSLをオンにしたらうまくいきました。
  • 認証:パスワード
  • ユーザー名:正しいメールアドレスを設定する
  • パスワード:メールアドレスに対応するパスワード
  • 「OK」をクリックしてアカウント一覧のUIに戻る

スクリーンショット 2013-09-14 22.57.06

8. 受信用メールサーバーの修正

  • 「詳細」をクリックする
  • ポート:993
  • SSL:使用する
  • 認証:パスワード

スクリーンショット 2013-09-14 9.21.31

(備考)

  • この設定方法は、iCloudメールにoutlook.comのアカウントが登録されていないケースです。
  • すでに登録されていた場合、設定内容をメモして、上記のように一旦暫定の適当なメールアドレスで登録作業をして、あとで正しいメールアドレスに入れ替えた方がいいです。
  • IMAP登録直後、すぐにメール送信ができないかもしれません。その場合、時間をあけてから、メーラーを終了させてから再送信すれば、うまくいきます。
  • 「IMAP」の選択をするところで、これが選択できない場合でも、無理矢理IMAP関連の設定をやり直せば、うまく行きます。popであるかのようなUI表示になるのですが、IMAPサーバーで動いているので、設定は正しいのだろう、と考えています。