Day: September 18, 2013

イーアクセス、291Mbps達成で事業計画説明

イーアクセス、291Mbpsで事業計画説明なんてやめておいた方がよかったかもしれない。

技術的なフィージビリティを確認できたからと言って、それで事業計画が確固たるものになったり、実現性が高まるというわけではありません。そもそもseeds(技術)で事業を立ち上げるのなら、競合参入障壁を築くための特許などの知的財産権が権利化され、製品レベルでもコストがマーケットで受容レベルで実現できる見通しがなければなりません。

このニュースを読んで思ったことは、技術的に何か実現したからと言って、それが提供可能レベルになっていないとき、何か夢を語っても「むなしい」だけでなく、客寄せのための豪語に見える、ということでした。

そもそも「渋谷で1Mbpsを目指す」のであれば、今、75Mbpsは何なんだ?ということになります。論理が破綻しているのではないでしょうか。

これでは、ソフトバンクモバイルの苦労はなくなりそうにありませんね。

ニュースの要旨:

(結論)

  • 1.7GHz帯LTEを使った商用ベースの実証実験で下り291Mbpsを記録。
  • 実験はイー・モバイルの通信網と、隣接する周波数5MHz幅を利用。

(現状)

  • EMOBILE LTE網は下り37.5Mbps対応エリアで人口カバー率76%。75Mbps対応エリアはその30%弱。
  • 5MHz幅 x 2で37.5Mbps 、10MHz幅 x 2で75Mbps、20MHz幅×2であれば150Mbps。
  • イー・アクセスの使える周波数は、1.7GHzの15MHz幅のみ。700MHzも獲得しているもの、利用できるのは2015年12月。

(達成できたこと)

  • 現行のLTEシステムは2 x 2 のMIMOで、291Mbpsは4 x 4 のMIMOによって実現。
  • 20MHz幅を利用した際に145Mbps 程度の平均スループット。
  • 移動しながら通信した場合は速度は低くなる傾向。

(課題)

  • 291Mbpsの高速回線も混雑地域では1Mbps程度か。
  • 仮に5MHz幅を獲得し、将来的に4 x 4 MIMOのサービスを提供したとして、ユーザーの通信速度が劇的に高速化するかどうかは、「使う場所による」。
  • 通信速度がいくら速くとも、利用者が多ければ速度が分散して遅くなる。
  • 「渋谷など混雑しているところでは、最低1Mbps を目指す」

1.7GHz帯でのLTE実証実験(下り300Mbps)で下り291Mbpsを記録

イー・アクセスが20MHz幅LTEで291Mbpsを達成、今後の事業計画を説明