ひとつの見方

iPhone 5s vs. Androidベンチマーク

XperiaをベースにしたAndroidベンチマークを作り、iPhone 5sとを比べてみました。

比較して見えてくるものは次のようなものです。A7プロセサの64ビット対応は他社もすぐに追随してくるでしょうから、旬な時期はすぐに終わることでしょう。基本性能として、バッテリーの持ち時間、カメラ解像度、ac対応が課題だ、と思われます。また、本質的な課題として、いつまでスマートフォンなのかということもあります。タブレット+Bluetoothでバイスで代用できるはずで、眼鏡や時計がそうした環境作りをしていくものなのでしょうか。

  • バッテリーの待受時間・音楽再生時間は、iPhoneはAndroidの40%弱でまだまだ改善が必要。
  • カードスロットがなくmicroSDXC対応ができていない。ストレージのサイズ16/32/64GBによる値付けになっていることが原因で、この改善は期待できそうにない。
  • カメラの画素数は見劣りする。バッテリーと同じく40%弱。
  • 動画も60fpsに対して半分の30fps。
  • NFCは、お財布携帯の世界標準が何かによって決まって来るのだろうか?
  • 無線充電は興味深い将来技術。安全性と効用が課題?
  • ac/デュアルバンド対応は時間の問題で必須になるだろうが、acの普及スピードが課題か。
  • DLNAは特に必要性を感じないが、防水防塵はあってもよさそうな気がする。

Apple
iPhone 5s

Androidベンチマーク
Xperia Z1
Galaxy S4
LG G2

寸法

123.8 x 58.6 x 7.6mm

137 x 70 x 8mm

重量

112g

134g

画面サイズ

4インチ

5インチ

解像度

1136 x 640 (326ppi)

1920 x 1080 (441ppi)

ディスプレイ

Retina ディスプレイ

トリルミナス ディスプレイ

バッテリ

3G通話10時間
3G待受250時間
音楽再生40時間

3G通話15時間
3G待受850時間
音楽再生110時間

ストレ

16/32/64GB

16/32GB

ドスロット

なし

microSDXC

背面カメラ

800万画素
True Tone フラッシュ

2070万画素
LEDフラッシュ

前面カメラ

120万画素

200万画素

画撮影

1080p@30fps
720p@120fps

1080p@60fps

NFC

非対応

対応

無線

非対応

対応

Bluetooth

4.0

4.0

プロセッサ

Apple A7 (64bit)
M7コプロ

Snapdragon 800
(4コア 2.2GHz Krait 400)

GPUコア

非公開

Adreno 330

RAM

非公開

2GB

映像出力端子

Lightning

MHL

WiFi

802.11a/b/g/n
(11nのみデュアルバンド)

802.11a/b/g/n/ac
デュアルバンド

OS

iOS 7

Android 4.2

その他

指紋センサ

防水防塵
DLNA対応
Sボイス、Sジェスチャー

参考:iPhone 5s 対 Xperia Z1 対 Galaxy S4 対 LG G2、各社フラッグシップ詳細比較