Day: September 29, 2013

便利にMac:トラブルシューティング

インターネット・セキュリティ(Ghostery、NoScript、Adblock Plus)のトラブルシューティングのしかたを整理しておきます。

きょう、Ghosteryのフィルタがアップデートされ、ブログの統計情報が表示されなくなるトラブルが発生しました。IEもSafariも同じ問題が出たので、wordpress.com側の問題かとも考えたのですが、そうではありませんでした。

このような問題が発生したときのトラブルシューティングのしかたです。Firefox / Mac OS X 10.8.5がメインのブラウザになります。

  1. Firefoxで発生する問題がSafariでも発生するか確認します。
  2. Safariで発生するしないにかかわらず、Windows OSがあるのならInternet Explorerでも確認します。
  3. 次に、Firefoxでセキュリティ対策をひとつずつオフあるいはオンにしてみます。
  4. VPNを一時停止にしてみます。
  • 以上の操作でFirefoxで起きていて、ほかのブラウザで起きないならFirefoxの設定にどこか問題があります。Firefoxでもほかのブラウザでも起きる場合、Ghostery、NoScript、Adblock Plusの設定もしくはフィルタが変わったか、cookieの保存・保存しないが変わったか、そのページのjavaの有効・無効が変わった可能性があります。
  • NoScriptの「このページのすべてを一時的に許可する」を選択し、一時的にjavaをすべて有効にすることで解消しないか確認します。この選択ができないとき、許可になっています。
  • 次に、「ダブルクリック➡ページの情報を表示➡サイト別設定」を選んで、このページのwebページでjavaが有効になっていることを確認します。通常、こうした問題が起きるのはjavaが無効になっているケースが多いです。
  • ここまでの操作で問題が解消したらjavaに関わる設定(NoScriptの設定もしくはwebページ設定)を有効にすることでOKになります。

スクリーンショット 2013-09-29 16.34.15

スクリーンショット 2013-09-29 16.40.47

  • それでもダメなら、次にGosteryとAdblock Plusをすべて一時的に無効にします。Ghosteryのフィルタは通常5個か6個なのでひとつずつ外して、問題が解消しないか確認します。もし、ここで問題解消がされた場合、当該ボタンのみをオン(青)にします。ほかのボタンは元に戻しておきましょう。今回の問題は、Gravatarがオフ(赤)になっていたことが原因でした。

スクリーンショット 2013-09-29 16.45.59Adblock Plusは、特定のURLだけ無効にするか、このページだけ無効にして問題が解消しないか確認します。もし、ここで問題解消がされた場合、当該URLをホワイトリストに登録すればOKになります。

スクリーンショット 2013-09-29 16.46.59

なお、Adblock PlusはEasyPrivacyというフィルタを入れた方が良さそうなので、昨夜から使っています。トラッキングスクリプトのフィルタです。説明やフィルタはThe Official EasyList Websiteにあります。

スクリーンショット 2013-09-29 16.57.46

日本政府、グーグルマップ「禁止令」

政府がGoogleへのアクセスを制限する。新たな次元での排除です。

日本政府は不適切表示がある場合、少なくとも税金を使っている公官庁においては禁止措置をとることができるのですね。当然、個々の措置として修正を求めているはずで、Googleが応じなかったか、対応が要望に追いつかなかった、ということなのでしょう。

もちろん、そんな小手先のことではGoogleはびくともしません。影響ゼロ。

しかし、しなくてもいい衝突をしているということが大きな問題を抱えている、という示唆になります。政府ならこうした手を打てますが、個人では泣き寝入りしかありません。似たようなことは、個人情報に関連してGoogleとの間でいくらでも起きていると考えるのは、そうむずかしいことではありません。

代替手段があることが重要で、自由度を高めます。ひとつのものに支配されないことが重要です。逆に言えば、競争があることが重要なのです。

参考:政府、グーグルマップ「禁止令」 竹島を「独島」など領土関係で不適切表記

スクリーンショット 2013-09-29 11.32.31