技術

便利にMac:やっぱりMac OS X 10.9!

最近のAppleのアップデートは正解ですね。待っていた甲斐がありました。

何が一番良かったかというと、Apple Mapsがリリースされたことです。これで、Google Mapsを開く必要がなくなりほっとしています。地図は、最近、衛星写真の地図しか見ないので多少地名が入っていなくても、問題ありません。それよりか、地図のためにgoogle.comのcookieをONにし、javaを有効にして、Googleのトラッキングに口を開けなければならないことの方が余程問題が大きいでした。

Appleの新しい地図のスクリーンショット: SunnyvaleのAMDのすぐ前にあるResidence Innには数えきれないくらい泊まりました。近くのFry’sの商品を見て回り、何か新しいもの、めずらしいものを見つけるのはいつも楽しみでした。一時期、日本の家電量販店も道の反対側にありました。確か、T Zone?

スクリーンショット 2013-10-23 21.17.01

まだ、アップデート効果がよくわからないのが、圧縮メモリ。「非アクティブな領域を圧縮して効率的にメモリを使う」ということですので、要するに仮想記憶・swap in/outの処理が改善されたということなのでしょうか。

VMWare Fusionの上でWindows 7も動いています。既存のアプリとの互換背はOKのようです。

iPhotoの地図がGoogleからAppleに置き換わる日が来るのが楽しみです。また、ヨドバシカメラで新商品を早く実際に触ってみたいです。

(追記)

iPhotoのupdateでApple地図がサポートされているようですね。早速、ダウンロードしないと。