技術

便利にMac:Adblock Plusの黒い噂

「追跡スクリプトをブロックするとき、ひとつのアドオンにだけ依存しては抜け穴が作られているとき、問題を残す」ということについてです。

Google等の企業は、Adblock Plusに料金を払って自社広告を通しているらしいという記事が前々から引っかかっていました。

ゆうべ、Lightbeamの関連図を見ながら、LightbeamとAdblock Plusに自作フィルタを追加してどういう動きをするのか見ていました。

その中でたいへん不思議に思ったことは次の2点です。

  • twitter.comとfacebook.comを追加すると、TwitterもFacebookはブロックされ、正しく動かなくなる(表示されなくなる)。
  • しかし、google.comとはスルーされてしまう。フィルタを追加しても、Google検索は問題なく動く。つまり、Adblock Plusは、特定のcookieなりスクリプトをブロックしないようになっている。

このことから、Adblock PlusがGoogleから何らかの恩恵を受けていて、その見返りに何か特別なことをしていると考えるのは、邪推や言いがかりだと言い切れないのではと思えて来ました。

トラッキング防止をしてくれるアドオンがあるからと言って、100%信用するのはリスクです。Adblockは広告を消すアドオンですが、トラッキング防止もしてくれます。トラッキング防止を見落とし勝ちですが、よくよく考えておく必要があります。特に、日本語のcookieやスクリプトがAdblock Plus、Ghostery、Disconnectのどれにも引っかからないことも承知しておいた方がいいです。

まずは、Google、Twitter、Facebookをどうブロックできるか、今、そのことを考えています。

追記:① Adblock Edgeの方が良さそうなこと、それにAdblock Plusと同じフィルタを使い、同じlook and feelで使えるるので、Adblock Edgeに切り替えました。② Adblock Edgeの動きは基本的にAdblock Plusと同じです。したがって、同じようにgoogle.comを直接ブロックできません。しかし、このことは良かったり悪かったりです。

スクリーンショット 2013-11-05 21.46.02