便利にMac:Ghosteryの高速化?

Ghosteryは重く、Disconnectは軽い。Adblockだけでは少し心配・・・・。

気のせいかもしれませんが、「Ghostery➡Options➡WebサイトのAdvancedタブ➡Click-to-Playの2つのチェックを外す」でGhosteryの動きがキビキビなりました。

本当かどうかは自信がありません。

Ghosteryオプション

参考サイト:Ghostery(設定Advancedから  Click-to-Play OptionsのReplace certain…のチェックを外すとすっきり。その下も)

Advertisements

便利にMac:Gravatarの問題

メールアドレスに連携してアバターを管理してくれるGravatarはどうするべきなのでしょうか?

このブログサービスであるwordpress.comを使うと、Gravatarがデフォルトでついて回って来ます。Gravatarは独立会社のようですが、Wordpressの一セクションとしているところもあります。Gravatarのメリット(デメリット?)は、ブログにコメントを書いたり、そのメールアドレスと関連したwebサイトに触ったときに関連づけられること(追跡されること)です。

ちなみに、GhosteryはGravatarをブロックしています。

調べた範囲では、日本語のサイトには、Gravatarを利用しはじめたというブログはあったものの、ブロックした方がいいという意見は見あたりませんでした。しかし、英語のサイトでは、やめた方がいいというのがありました。

思うに、Ghosteryでブロックしているくらいですから、積極的に利用しない方がいいのでしょうね。それで、次のように考えを変えました。

  • en.gravatar.com、ja.gravatar.com、secure.gravatar.comは「不許可」とする(cookieフィルタ)。
  • wordpress.comのGravatarによる統計情報はできるだけ利用しない。NoScriptでgravatar.comのJavaは「禁止」とし、どうして必要なときだけ「許可」にする。
  • Adblock Edgeでは、gravatar統計情報のサイトだけgravatar.comを有効にする。他のサイトではすべてブロックする。例:@@*.gravatar.com^$domain=ja.wordpress.com

wordpress.comがGravatarを利用者に押しつける理由はよくわかりません。利用者に選択の余地はなく、しかも、wordpress.comにメールアドレスを登録すれば、Gravatarに紐づけられます。しかし、Gravatarのサイトでこの登録を削除できません。それが事実です。それで、登録削除できないものに対しては不信感が湧いてしうのはやむを得ません。おまけに、Ghosteryがブロックしていればなおさら背中を押されてしまいます。

IMG_1053庭先で育った綿 2013.11.25