Obj.C

obj.C:ドキュメントタイプ

ファイルをどう作るかでファイルの読み込みの可否が分かれることがわかりました。

まだ初歩的なつまづきの範囲を出ていませんが、ドキュメントタイプ(ファイルタイプ)を何にするかでファイルのオープンと読み込みができることがわかりました。それから、correct file formatでないという警告エラーで暴走は回避できました。

自分で作った.jpgなら読み込み可能なことから、アプリケーション(viewer)との連携がうまく行っていないのかもしれません。

JPEGとテキストファイルを作成したプログラムから生成して読み込んでみたのですが、さらに深掘りするには、たとえば画像ファイルのサムネール一覧を作るアプリを開発するとか、ある程度的(まと)を絞る必要がありそうです。しかし、今は少し巾を持って調べて行きたいので、Document-based Applicationをどこまで深掘りするべきか、考え中です。

わからなかったことがわかって来るのはうれしいことです。ただ単にUntitledのファイルをsaveして、bbb.png.jpgといういい加減なファイルを読み込んだだけなんですが(添付の矢印のwindowがそう)。

メモ:

  • 自分(サンプルプログラム)で作ったファイルならopen/closeできる。
  • .jpgでsaveできる。しかし、何も指定しなければ、binaryになる。
  • Document Typeからbinaryを削除するとファイルを読み込めなくなる。
  • Object libraryのどのパーツを選ぶかによってアプリで何をさせるかも決まるので、合わせてDocument Typeを考えないといけない。
  • 周辺のことが少しわかっただけで、肝心のわからない点は積み残しのまま。

スクリーンショット 2014-01-17 00.25.20

スクリーンショット 2014-01-17 00.39.38

Categories: Obj.C, 技術