Obj.C

obj.C:あともう少しで終わり

MyClipもあと二つで終わりになります。

viva Cocoa Objective-C入門は13章まであり、11章までが終わりました。

学習したこと:

  • フォルダを作成する。
  • 11章は、リッチテキストをバイナリで読み込み、.dataに書き込む。
  • 内容は、予めhttp://vivacocoa.jp/MyClipURL.dataに用意されたURLを読み込み、表示(デコード)する。
  • NSTextStorageを利用。

勝手流の状況:

勝手に解釈して作り上げたサンプルコードの方も、納得がいくレベル、理解可能なレベルに近づいているのではないかと思います。

  • URLからwebページを読み込む➡htmlデータ
  • htmlを書き込む➡htmlデータ
  • htmlデータを読み込む
    ➡.txtならhtmlを文字列で表示
    ➡.rtfdならhtmlをリッチテキストで表示
    (リッチテキストという表現が妥当かどうかは別)
  • このあと、.rtfdの表示に文字修正を入れると、
    ➡リッチテキスト表示が失われ、テキスト表示になる
    = [mmReadBufferAddr setString:[textViewAddr string]];が原因?
    = 多分そう。
    = .rtfのデコードもおかしい。➡読み込みを.rtfdと同じにしても同じにならない。「ファイルがない」になってしまう。読み込みができないのはなぜ?

課題:

  • 「file pathからでなく読み込み済みのデータ(オブジェクト)をリッチテキストにデコードする方法?」がわかっていないこと。

成果:

  • フォルダの作成。これはできてあたり前です。
  • 読み込みエリアにText Viewのエリアを使うとファイルが存在しないときに落ちる問題を回避できました。
  • ファイルタイプを配列から選べるようにしました。やっと応用ができて万歳です。file pathも文字列を合成して作れました。
  • caseはそのまま残して、ファイルタイプ別に読み込み方法が異なる場合に備えることにします。

今後:

あと1章(13章)で終わりです。多分、残り1日か2日。ただし、12章はサンプルコードのbuildを終了したところまでなので、.xibを修正する必要があります。新しいことを先に取り入れ、課題にあとから取り組むようにしたいと思います。

Categories: Obj.C, 技術

Tagged as: ,