Obj.C

obj.C:いい加減さが自分を混乱させる、(void)

(void)、返り値は「何もないよ」という意味でした。何がないのか考えもなしに使っていました。確かにメソッドの形式はしっかりまとめたはずなんですけどねえ。

– (void) readURL:(NSString *)urlでurlDataにURLを読み込むとき、urlDataをグローバル変数で定義しておき、このバッファを使い回しているうちは何も問題はありませんでした。しかし、グローバル変数を減らし、機能の共通化を図ろうと– (void) readURL:(NSString *)urlreadBuffer:urlDataと変更してみて、はじめて問題が顕在化しました。

そのメソッドの中では、urlDataにurlの内容を読み込みが可能です。文法エラーも出ません。しかし、呼び出し元[self readURL:currentURL readBuffer:workReadBuffer]; に戻ったとき、その値が入っていません。

原因は、[出力 メソッド名:入力]の原則に従っていないためです。それで、はじめて出力の部分を– (NSMutableString *) readURL:(NSString *)urlと定義しないといけないと再認識した次第です。

これでここだけは完璧です。次々に学習しています。とてもポジティブです。

実際にやってみないとわからないものです。やってみないことには、身につきません。言い換えると、それだけ学習能力が低く、多くの場合、経験知に頼っているということになります。悪いことに、せっかくいい経験をしてもすぐに忘却の彼方になるため、どこまで経験すればいいのか、際限がありません。挫折によって人生観が作られて行くものだとしたら、挫折さえも忘れてしまえる能力が苦痛を和らげるということなのでしょう。

イメージ的には、ふたつのペインに分けてファイル管理ができないか、考えています。分けるのにはsplit viewを使うのが簡単そうなので、これを使おうとしています。ファイル管理自体はtableでやるつもりです。問題はその見せ方で、選択したときにviewerに反映されるようにしたいのですが、それにはマウスを管理すればいいのかどうか、調べているというか、考えている最中です。

スクリーンショット 2014-03-07 23.30.51

Categories: Obj.C, 技術

Tagged as: , ,