ひとつの見方

WordPressの技術レベル?

WordPressの技術レベルに疑問があります。新機能をリリースするとき、ちゃんとテストしないでできたものをリリースしているのでは?それでは、ユーザーは評価台です。やり方が10年古いです。

またしてもWordPressブログを書いていると、表示と動きがおかしくなりました。ガクガク動くようになり、時々フリーズしてしまいます。いくつかボタンが増えていますから、新機能がリリースされたようです。

技術者のスキルレベルか、そのマネジメントに問題があるのでしょうか?

新機能がリリースされるのはありがたいのですが、動きがおかしかったり、画面表示がおかしくなったりするのは問題です。1990年代のシリコンバレーならbug fixよりか新機能をリリースする方が優先されてあたり前だったかもしれませんが、最近では、Appleでさえ機能追加でおかしくなったというようなレベルの低い話はめったに聞かなくなりました。

こうした基本的な品質問題が出る場合、たいていのケースにおいて、マネージャに問題があります。功を急ぐことが品質問題を助長してしまうのです。解決方法は、担当マネージャをプロジェクトから追放する、技術者か評価チームに問題があれば補強する、の二点です。VPが原因であれば、言うまでもなく、首にするのが妥当でしょうね。そんなことは普通に行われていることです。

この手の問題の本質は、品質問題が出たということにはなく、同じような品質問題が何回も出てしまうことにあります。まちがいはいつでも起きますし、止めようがありません。しかし、何回も同じまちがいを繰り返すのは科学的でないというよりか、無駄そのものです。WordPressの開発体制はいったいどうなっているのでしょうね?

 

Categories: ひとつの見方