Obj.C

obj.C:マウスイベントのインプリ状況

AppleのサンプルプログラムLightTableのInputTrackers(トラッキング)関係だけを移植したのですが、NGでした。

もう一度考え直しました。それで、LightTableを「①64bit対応、②automatic reference counting mode対応」にするのが先ではないか、と思われてきました。

トラックパッド 〜 タッチイベントサンプル LightTable のソースを読むを参考にしているのですが、まだ、さっぱり?の輪から抜けきれません。その中には、次のような構造図が整理されているのですけどね。

スクリーンショット 2014-04-28 19.51.01

それでも、そのコンバージョン作業をやって新たな発見、勉強もありました。

  • ヘッダ(.h)に#include  .hをまとめて書いて新たなヘッダにすることができます。そうなんだ、という感じです。
  • LightTableはNSObjectではなく、@interface MyDocument : NSPersistentDocumentになっていました。NSPersistentDocumentについて学習の必要があります(Core Data についてのメモ参照)
  • .xibをうまく移行できなかったので、Xcode➡File➡New➡File➡User Interface➡Viewで新たに.xibを作成し、Build Phaseに組み込まれていることを確認してから、copy and pasteでファイルを上書きしたらうまく行きました。この方が正しい方法かどうかは不明。
  • MyDocument.xcdatamodelというファイルがbuild対象になっていたので追加しました。
  • QuartzCore.frameworkを追加しないといけないことがわかったので、追加しました。
  • propertyでretainになっていたものをnonatomicにしないとbuild errorがとれないものがありました。
  • IBActionのリンクが張られていなかったので?と思ったのですがそうではなく、メニュからtoolをhide/showするロジックであることを確認できました。

このあと、このコンバージョンしたものが暫定で動かしていたものと同じ動きをするかどうか確認することにします。

 

Categories: Obj.C, 技術