ひとつの見方

さようなら、Pocket WiFi

晴れてPocket WiFiを解約しました。

2年間ほどお世話になったPocket WiFiでしたが、コストパフォーマンスが最悪のシナリオになってきたので契約更新月(本日)をもって解約しました。以前書いた通り(Pocket WiFiを選べない理由)、解約の主たる理由はコストパフォーマンスの問題によります。

  • 7GBで通信速度制限により110MBpsが128kbpsに。速度1,000分の1で画期的。
  • 以降は2GBにつき2,500円。経験的には毎月50,000円以上かかる計算になり、何がフラットなのか?

そんなこんなで、NTTフレッツ光の出番となった次第です。

実質従量制課金になったことでWi-Fiルーターがマーケットを制覇する可能性は限りなくゼロになり、期待とは全く真逆、とても残念な結果となりました。10年以上、いろんなWi-Fiルーターを使って来ましたが、利用者のメリットに比べてると、ビジネス展開がむずかしいのでしょうね。こんなことでは、最後の最後には、NTTの固定電話回線+ホットスポットの組み合わせがWi-Fiルーターはもちろんのこと、スマートフォン市場までも食い潰していく時代が到来するかもしれません。

NTTには、ぜひがんばって新規ビジネスの開拓をして頂きたいものです。

IMG_3416

Categories: ひとつの見方