技術

便利にMac:Twitterのノイズを除去する方法

Twitterでは、多種多様な情報や意見が交錯します。自分にとって不要なツィートを除去する簡単な方法がわかりました。

多くの方が広告や追跡cookieを除去するためにFirefoxのアドオンのAdblockPlusかAdblock Edgeを使われている、と思います。これにElement Hiding Helperを追加して、あとはフィルタを登録するだけです。

Firefoxアドオンを利用した場合、①Hide Twitter Guffは重くてFirefoxが動かなくなる問題があり、②別の英語版アドオンは異常終了する問題が発生したので、両方とも利用するのをやめました。

代案を探していたら、Element Hiding Helperが見つかりました。これは軽快で安定しています。サイレントにしたツィートのスペースを詰めて表示するのも利点のひとつです。

簡単に使い方の手順を書いておきます。

1. FirefoxのアドオンのAdblockPlusかAdblock Edgeをインストール。ここでは、フィルタの登録の仕方がわかっている前提で書いています。

2. FirefoxのアドオンElement Hiding Helperをインストール。Firefoxの再起動不要。

3. フィルタを登録します。

  • IDでサイレントにする場合、raizangawaに相当する箇所にIDを記入して登録します。
    twitter.com##[data-screen-name*=”raizangawa“]
  • ニックネームでサイレントにする場合、雷山に雨に相当する箇所にIDを記入して登録します。
    twitter.com##[data-name*=”雷山に雨“]

4. 取り急ぎ作成したAdblockフィルタサンプルはここにあります。自分のdropboxに置いておけば、Adblock購読機能で自動更新可能です。逐次更新します。「理研」で検索したときのノイズ除去用です。

5. フィルタを作るとき、IDでサイレントにするよりか、ニックネームの方が全部登録しないですむという意味で簡単です。ただし、IDでフィルタリングした方が安全度は高いです。ニックネームは簡単に変更でき、変更されてしまうとおしまいです。IDを変えるには、削除してからになりますので少し面倒です。

備考:自分のDropboxにフィルタを入れて使う場合、/Users/??/Dropbox/共有??/raizan2ameTW.txtのような形式でフィルタを購読することができます。??の箇所は、自分のMacのファイルパスの定義に応じて変更する必要があります。

備考2:自分で都度登録したい場合、Adblock Plusの例を参照してください。ここを参照。でも、この方法は面倒ですよ。

IMG_3551