Obj.C

obj.C:NSTreeControllerスタディやり直し2

NSTreeControllerのサンプルプログラムから相関図を作成しました。

何となく理解できたのは、次のような点です。曖昧な点も多く、理解がまちがっている可能性が大いにあります。

  • Leafは文字通り「葉」で、▶︎の下にChildrenがぶら下がるツリー構造を取るもの(フォルダ)の。Filesはその逆で、単独で存在するもの(ファイル)。
  • Leafは、クリックして展開したときにChildrenが配列に入って来ます。しかし、一旦展開されると、次にそのフォルダをクリックしても、NonLeaf(Files)となります。
  • Childrenは、フォルダを配列に読み込んだときの配列と等価。フォルダ単位に配列に展開されます。これは表示と同じです。
  • Childrenの数によって、isleafBOOLはYES(0個)、NO(>0個)を設定。
  • 今ひとつ不明なのは、ContensのModel key pathが設定されていない点。
  • あとObject ControllerのKeysを設定しても、設定しなくても結果が同じだったのですが、これが意味するものは?

スクリーンショット 2014-06-01 07.06.19追記:修正版をobj.C:NSTreeControllerをスタディやり直し4にアップしました。

Categories: Obj.C, 技術

Tagged as: