Obj.C

obj.C:MesaClipper 3.6 URL

3.6 URL

URL欄にURLを入力します。

正しいURLであれば、Webサイトが表示され、リンクステータスがグリーンになります。このあと、編集・加工したり、そのまま保存することができます。

 

3.7 URL書き換え

URL欄にローカルファイルに保存した.webarchiveファイルのリンクを指定したとき、そのままではMesaClipperで保存できません。これは.webarchiveファイルと元々のURLとのリンクがMesaClipperで認識できないためです。

たとえば、こうした事象はScrapBookのリンクをコピーしたときに起きます。

URL書き換え機能を使えば、一旦保存されたbookmarkの編集・加工内容をキープしたまま、URLを書き換え、MesaClipperの保存ファイルに変更することができます。

① .webarchiveファイルをURL欄に入力してreturnを押します。この例の場合、file:///Users/hk/Dropbox/HK%20Scrapbook/data/20140127075634/index.htmlというローカルファイルの内容が表示されます。

スクリーンショット 2014-06-26 19.07.08

② 次に、元々のURLを右側のURL欄に入力してreturnを押します。この例の場合、この操作でhttp://qiita.com/uasi/items/80660f9aa20afaf671f3というURLが、先のローカルファイルのURLを書き換わります。このあと、bookmarkを変更します。

スクリーンショット 2014-06-26 19.07.20

③ ②の状態で、表示されているページが追加しないといけないページであるとき、操作を誤るとリンクステータスがグリーンから赤になってしまいます。その場合、もう一度、②のURLから入れ直してやればうまくいきます。表示されているページが違う場合、①からやり直す必要があります。

 

補注:編集・加工内容を維持してbookmarkを変更したいときの操作

URL書き換えは、編集・加工内容を維持してbookmarkを変更したいときにも利用できます。単純に「① URLをクリック、② bookmark名を変更」でやると、webページがリフレッシュされてしまいます。

Categories: Obj.C, 技術