Swift

Swift:順番にコーディングして確認中

整数から順番にサンプルコードを書いて動作を確認しています。いくつか発見もありました。

1. 1行に複数の変数(命令)を書く。変数に文字列を代入。
var x = 0.0, y = 0.0, z = 0.0
welcomeMessage = “Hello”

let cat = “🐱”; println(“1行に複数の命令を書く \(cat)”)

2. 絵文字もOK。
let π = 3.14159
let 🐶🐮 = “dogcow”

3. 変数を埋め込んで出力・改行。\(option + ¥)のあとに(変数)。
println(“変数のプリント \(welcomeMessage) \(π)”)

4. 符号無32bit 正の整数のみ
var intUnsigned:UInt32 = 1

5. 符号無32bit -2,147,483,648 〜 2,147,483,647
var intSigned:Int32  = 1
intSigned            = -1

6. 整数のサイズ指定なし 正の整数
var inx:Int   = 1
inx:Int   = -1

7. MaxとMin
var inxMax     = Int.max
var inxMin     = Int.min

8. その他のもしかしたら使うかもしれない数値
let decimalInteger      = 17                                        // 十進数
let binaryInteger       = 0b10001                             // バイナリ
let octalInteger        = 0o21                                      // 八進数
let hexadecimalInteger  = 0x11                               // 十六進数

9. 日本語が使える。リテラル。常数に-1を割り付ける例。
let ネガティブはだめよ: Int = -1
inx = ネガティブはだめよ

10. typealias 属性の再定義が可能
typealias 整数 = Int32
var workIndex = 整数.min
println(“typealias1=\(workIndex)”)

11. BOOLはtrueとfalseのみ。YES / NOではない。
var boolCheck  = true
boolCheck      = false

12. Tuple タンプル 変数の構造定義
let tupleValue = (“お前の”,”カーチャン”,67)
var tupleVarible = (“あなたの”,”お母さん”,29)

12.1 インデクスを指定して値を取り出す
NSLog(“インデクスを指定😃\(tupleVarible.0)\(tupleVarible.1)\(tupleVarible.2)才??”)

12.2 Tupleをまとめて変数に取り出す。
var (word1,word2,age) = tupleValue

12.3 必要なものだけ取り出す。
let (_,_,motherage) = tupleValue

 

スクリーンショット 2014-07-17 23.11.44 スクリーンショット 2014-07-17 23.12.13

Categories: Swift, 技術