Swift

Swift:配列

配列をひと通りスキャンしました。似ているようで随分進化していました。

15-2 返り値を配列にする

呼び出し元
var rtnArray = ExecArray()
 NSLog(“15-2 <<呼出後>> methodパラメタ無 & array返り値有=\(rtnArray[0]) \(rtnArray[1])”)

メソッド
func ExecArray() -> Array <Any> 

    {                                              
        return [321, “array返り値”] 
    }                        

 21 Array(配列)

  • ここに来て、letがfix、varがvariableだと理解しました。
  • 昇順・逆順ソートのほかに、並びを逆にする逆順があります。
  • 指定区間の抽出、削除や、要素の置き換えは使い途があるかもしれません。
  • 特定のprefixを抽出するニーズもありそうです。
  • var name2Array: [Any] = [“ch1″,222,”ch3”]のようにすれば、文字列と整数を同じ配列で扱えます。

スクリーンショット 2014-07-19 16.31.06

Categories: Swift, 技術