Swift

Swift:Webkit 2

できた!

なぜ、こんな簡単なことができないのか、そう思いました。しかし、考えるまでもなく、そもそもObjective-Cにしたって自学習でいい加減なまま、それでもってSwiftなのですから、当然と言えば当然の結果に対面しているに過ぎません。

それでも、Web Viewまでできました。あとで頭の整理のために、中身を詳細に記載します。

Objective-C:

#import <WebKit/WebKit.h>
IBOutlet WebView     *xbWebView;
NSURL *nsURL = [NSURL URLWithString:”https://raizan2ame.wordpress.com/”%5D;
[xwebView.mainFrame loadHTMLString:[[NSString stringWithContentsOfURL: nsURL encoding:encodeTable[inx] error:&err]copy] baseURL:nsURL];

Swift:

import WebKit
@IBOutlet var xbWebView : WebView
var nsURL: NSURL = NSURL.URLWithString(https://raizan2ame.wordpress.com/&#8221;)
var wError : NSError? = nil
let stringOrError = NSString.stringWithContentsOfURL(nsURL, encoding:NSUTF8StringEncoding, error:&wError)
xbWebView.mainFrame.loadHTMLString(stringOrError, baseURL:nil)

 

  • Objective-Cはエンコーディングを配列を参照して総当たりでチェックしています。
  • Swiftでも同様の配列を使う予定です。
  • var nsURL: NSURLのような表記は、NSURL *nsURL;と同義。右辺で NSURL.URLWithString(https://raizan2ame.wordpress.com/&#8221;)値を設定するとき、: NSURLを省略できます。しかし、これは省略しない方が良さそうですね。

スクリーンショット 2014-08-05 23.32.54

Categories: Swift, 技術