Swift

Swift:Webkit 8 (NSTreeControllerの実装)

NSTreeControllerを実装しはじめました。

最初からつまづいているのですが、なんとかなるような気がしてきました。今、全部で50行くらいまできました。宣言とか除けば、30行程度。

ただし、iconの設定の仕方とか、ファイル名表示の仕方とか、Objective-Cからは表現が違うものがありますので、本当にこれでいいかどうかは、動かしてみないと何とも言えません。

MS Wordファイルだけは逐次アップデート中です。

今、グローバル変数か、それともプロパティかよくわからないのですが、structを使ってできないか、基本的なところを復習を兼ねて、再度勉強中です。このポイントは次の通りでした。

Structメモ:

  • Structを定義する側では、クラスの上部に宣言する。
    import Cocoa
    import WebKit
    struct commonStructure {
    var leafBOOL:Bool = true
    }
    class AppDelegate: NSObject, NSApplicationDelegate, NSTableViewDataSource, NSTableViewDelegate
  • Structを参照する側では、クラスの中でStructを宣言する。
    import Foundation
    import Cocoa
    import WebKit
    class FileNode: NSObject, NSApplicationDelegate, NSTableViewDataSource, NSTableViewDelegate
    {
    var xStructure = commonStructure()
  • 参照はStruct宣言名.変数名になる。
    return xStructure.leafBOOL
  • Objective-Cになりますが、再度、NSStringについてというサイトを参照させて頂いています。

Categories: Swift, 技術