Swift

Swift:フォルダの開閉機能

フォルダの開閉機能の追加とデバッグが終わりました。

追加した主な機能は次の通りです。

  • フォルダをクリックしたとき、フォルダの中のファイルを展開するか、閉じることができるようになりました。
  • フォルダを閉じたとき、どのフォルダが閉じられているか、アイコンを📌にすることで判別しやすくしました。
  • アプリケーションを閉じた後も、状態をsave/restoreすることで再開したときに直前の状態を引き継げるようになりました。
  • ついでに、Java On/Offも引き継げるようにしました。
  • 表の作成(NSDictionaryの行の追加・更新)のコードに冗長性を持たせ、共通化しました。
  • 管理情報ファイルを削除し、.archiveファイルを読み直してMesaClipperファイルで使えるようにするコードが複雑だったので、整理し、シンプルにしました。
  • ソースコーはここです。完璧です、現時点では。3秒後は?

スクリーンショット 2014-09-20 16.21.25

Categories: Swift, 技術