Swift

Swift:フォルダ開閉のバグ発見

ロジックをシンプルにしながら、Drag and Dropのあとにおかしくなるバグを調査中。

信じられないことに、フォルダ開閉で使っているsave/restoreの配列をDrag and Dropでも効率化のために使い回していました。これは実にまずいです。

また、Drag and Dropでフォルダから別のフォルダにファイルを移す場合、ファイル名が同じになる可能性があり、そのチェックが漏れていました。やれやれ。

これではフォルダ開閉をいくら調べても原因がわからないはずです。このバグを直したらソースコードをアップできると思います。多分。

  • Drag and Dropで使っているsave/restoreの配列名を変更したらOKになりました。
  • Drag and Dropする前にファイルチェックして、同一ファイルを回避すればもうひとつの問題も解決できます。しかし、Drag and Dropは、書いているときは理解できても、あとになるとやはり複雑です。

Categories: Swift, 技術