Swift

Swift:Xcode 6.1対応のソースコードをアップ

Xcode 6.1に対応したサンプルコードをアップしました。MesaClipper v2.0もアップしました。

必要があって4本のサンプルコードをXcode 6.1対応にしました。ソースコードは、目次➡️ソースコードのところにあります。

慣れればそれなりにスイスイとコンパイルエラー対応ができます。しかし、中にはちゃんと調べないと、エーッ!、そうなの?というのもあります。

MesaClipper 2.0の方は残り4個になりました。NSDictinaryのrowの差替がどうすればいいのか、調べています。

wkArray[inx] = ([“ficon”:wkArray[inx][“ficon”],  “fBook”:mcFoldericon + wFolder, “fFile”:wkArray[inx][“fFile”],  “fURL”:wkArray[inx][“fURL”],    “fFolder”:wkArray[inx][“fFolder”],  “fFilepath”:wkArray[inx][“fFilepath”],   “fSort”:wkArray[inx][“fSort”],  “fFolderpath”:wkArray[inx][“fFolderpath”]]) //

これにさらにas Stringを付け加えると長くなりすぎるので、一旦、ワークエリアに入れる共通メソッドを作成し、NSDictionaryのrowと置き換えることにしました。

zzBook  = mcFoldericon + (wkArray[inx][“fFolder”] as String)
ExecSetWorkToTable(inx)

 func ExecSetWorkToTable(inx:Int)   {
zzicon          = wkArray[inx][“ficon”]         as String!
zzURL           = wkArray[inx][“fURL”]          as String!
zzFolder        = wkArray[inx][“fFolder”]       as String!
zzFile          = wkArray[inx][“fFile”]         as String!
zzFilepath      = wkArray[inx][“fFilepath”]     as String!
zzSort          = wkArray[inx][“fSort”]         as String!
zzFolderpath    = wkArray[inx][“fFolderpath”]   as String!
wkArray[inx]    = ([“ficon”:zzicon, “fBook”:zzBook, “fURL”:zzURL, “fFolder”:zzFolder, “fFile”:zzFile,  “fFilepath”:zzFilepath, “fSort”:zzSort,  “fFolderpath”:zzFolderpath])
}

なんとか、動くレベルまで持ってこれました。何十行のエラーを見たあとだけに、本当に良かった!と安堵しています。あとで、ソースコードをアップします。

次のものでも引っかかりました。NSURLは簡単になってよかったですね。ところで、API Referenceの調べ方がイマイチわからなくなりました。これが最終版なのでしょうか。

  • var nsURL: NSURL        =  NSURL(string:mcURL)!
  • countElements(wkArray[inx][“fFile”] as String)
  • if countElements(wURLWeb) > 4 &&  (wURLWeb as NSString!).substringToIndex(4) != “file”
  • mcAdArrayImage[inx2]  = xbImage?.image as NSImage!
  • wkArray += [wkArraySave[inx]]

Categories: Swift, 技術