Swift

Swift:Sync APIアプローチ方法の変更

SwiftからSync APIがちゃんと動いていないようなので、アプローチ方法を変更します。

最初の3行がちゃんと動いていないようなので、一旦、Objective-Cにサンプルプログラムを移植し、Swiftからこれを呼び出す方式に変えようとしています。あと数行、エラーがなくなれば、デバッグに進めます。

なぜそうなのか、Core APIと比較しても全く理解不能です。.frameworkもチェックしてみたのですけど。これがうまくいかなかったら、もう一度、どうするか考え直さないといけません。

追記:10/31金 思い出したようにデバッグを再開しています。Objective-Cにサンプルプログラムを書き写して、プリントする機能などをSwiftで実装(現時点ではまだコードはかいていません)するようにしたのですが、なんだか動いているようです。Dropboxに接続して、アプリが呼び出されるところまでは来ました。

プリント機能をSwiftで書けば、結果がわかると思います。
➡️OKです。Dropboxのフォルダのファイルパス(?)がプリントできました。次は、これを使って実際にファイルを読み込めばいいのですが、どうすればいいのか、少し考えます。

とても時間がかかりました。まだ終わっていませんが。やれやれ。

追記:11/1土 整理

  • Sync APIで組み込む.frameworkは正しい。
  • SwiftでAPIが実行できていないのか、実装できていない機能があるのか、それはわからない。
  • 非同期処理がないか?
  • Objective-CからSwiftを呼び出し、popup-buttonのtitleを書き直すことができない。Objective-Cの中でやるしかない。このことがSwiftでちゃんと動かなかったことを示唆しているかどうか?

Categories: Swift, 技術