技術

便利にMac:セキュリティ強化の効果

Firefoxのリセットの修復のついでにAdblockフィルタも見直しをしています。

セキュリティ対策の効果を振り返ってみました。

Ghosteryで排除できないcookie

自作フィルタを作ったほうがいい理由として、beaconの一部がGhosteryで排除できないケースがあったことを思い出しました。これは追跡cookieとしてまだ登録されていないのが理由だと思います。

利用しているサービスによる紐付け

広告表示はいいとしても、追跡が問題です。cookieで紐付けられないためには、cookieを排除するのが一番です。ただし、cookieを排除してもJavaをOnにしている場合、IPアドレス、Java Onで取れる情報、利用しているサービスによる紐付けが可能であることを配慮した方がいいと思います。

たとえばGoogleの場合、地図、フォント、サーバーAPIを公開しており、様々なwebサイトでこれらのサービスを利用した場合足跡を残すことになり、個々のwebサイトオーナーには見えなくても、Googleにはいくつかのサイトから見えてくるプライバシーある、と推察されます。つまり、Googleはcookieに頼らなくても、利用されるサービスからwebサイトと利用者を紐付けられます。これをどう断ち切るかは工夫次第、Googleをどこまで使わないでいられるか我慢比べといったところでしょうか。

Lightbeamの結果

さしあたり、個々のwebサイトの関連性を限りなく切断することがミニマムです。Firefox Lightbeamで調べたら、自分の考えでは、ほぼ完璧にコントロールできている、と確認できました。47サイトが相互接続されることなく、独立性を保っています。

スクリーンショット 2014-12-21 12.16.31

Categories: 技術, 便利にMac