技術

便利にMac:リダイレクトを回避するアドオン

Google検索の結果、URLをクリックすると、Googleサーバーを経由して該当するURLに飛んでいくようになっています。

これは、Googleが検索結果のどれがヒットしたのか、フィードバック情報を採るためです。

問題:今まで、Redirect Cleanerを使っていたのですが、効果がLightbeamに反映されない(Google Serverを経由している)問題が判明しました。この際と思い、いくつか調べました。

よくよく調べたら、Redirect Cleanerがアドオンから供給されていませんでした。

それで、Google Redirects Fixer 1.3.1が意図通りに動いてくれるのではないかと期待しましたが、どうも違うようです。

結論としてのこの問題の回避方法は、

⑴ Windowを新規プライベート・ウインドウで開く。
⑵ Windowを新規タブで開く。

が迂回方法になります。検索結果と同一タブで開いてしまうと、Googleとwebサイトが連結されてしまいます。

この問題は、Googleの通常の検索結果でも同様です。
というよりか、むしろ、Firefox 34.0でGoogle Redirects Fixer 1.3.1
が新しいタブにURLを読み込むときに正しく動いていないため、リダイレクトになってしまう問題なのかもしれません。逆に言うと、Firefox 34.0以降、これらのアドオンを入れなくても、良くなっている可能性があります。

解決:さらに調べたら、リンクを新しいタブで開くというアドオンがあり、これを入れて、すべてのリンクをタブで開くに設定すれば、Googleで検索した結果や画像をクリックしただけで、新しいタブで自動的に開けるようになります。開くレベルは、Lx1がいいと思います。
スクリーンショット 2014-12-22 14.11.24

参考:

  1. 検索キーワード:sunrize 500px
  2. Google検索で表示される画像一覧: サムネール参照
  3. クリックする画像は、最初の風車の画像

スクリーンショット 2014-12-21 21.28.25追記(12/30/2014):Redirect Cleanerに代わるものとしてClean Linksが良さそうなので使い始めました。設定はとくにありません。結果は、アイコンをクリックすると次のような形で表示されます。

スクリーンショット 2014-12-30 16.39.05

Categories: 技術, 便利にMac