技術

便利にMac:exiftool使い方 2. 撮影場所を変更

GPSの位置情報の有無に関わらず、exiftoolで緯度・経度を設定・修正できます。

exiftoolを使えば、写真ファイルをオープンしないで位置情報を簡単に修正/追加できます。Exif編集アプリを購入するまでもありません。

1. ユーティリティ➡️ターミナルを起動。

2. 地図上の位置をGoogle Mapで調べる。
スクリーンショット 2015-04-05 16.51.05

3. 緯度・経度などの情報を次のように入れる。これは”メモ”などに予め作っておけば便利。経度・緯度を次のように入れる(数字部分を書き換える)。/Users以下のファイル名は写真ファイルのアイコンをdrug and dropすれば自動的に入ります。
exiftool -gpslatitude=’33 deg 33’’ 22.5″‘ -gpslongitude=”130 deg 11’ 57.6″”” -gpslatituderef=n -gpslongituderef=e -overwrite_original /Users/hk/Desktop/🔵4-2\ Zuibaiji\ River\ 瑞梅寺川🔵.jpg

4. 上記の最後にスペースを入れ、変更する写真のファイルアイコンをdrug and dropする。成功すると、updatedと表示される。

一連のコマンドプロンプトの例(色文字部分を入力/drug and dropする)

Last login: Sun Apr  5 16:38:28 on ttys000
HKiMac-Main:~ hk$ exiftool -gpslatitude=’33 deg 33’’ 22.5″‘ -gpslongitude=”130 deg 11’ 57.6″”” -gpslatituderef=n -gpslongituderef=e -overwrite_original /Users/hk/Desktop/🔵4-2\ Zuibaiji\ River\ 瑞梅寺川🔵.jpg
1 image files updated
HKiMac-Main:~ hk$

変更前スクリーンショット 2015-04-05 16.42.42

変更後
スクリーンショット 2015-04-05 16.44.05

Categories: 技術, 便利にMac