Swift

Swift:少し引っかかった所

NSTableViewとGPS辞書の読み込みで少し引っかかってしまいました。

  • EXIFを表示する3番目の表で値を更新したあとのreloadを忘れてしまい、NSTableViewが更新されない問題の原因究明がスパッとわかりませんでした。具合が悪かったのは、表が更新されたりされなかったりしたため、原因がreloadだと気づくのに時間がかかったことです。

xbTableViewEdit?.reloadData() //更新

  • もうひとつは単純ミスで、GPS辞書が存在しないときnilが返ってくるのですが、これをチェックしないで常にあるものとして処理していました。当然、後続の処理も値がないときのケースを配慮していませんでした。これはとりあえずは、緯度・経度だけ適正な処理にしたのですが、ほかをどうするべきか、あとから考える必要があります。

mcEXIF      = NSDictionary()
var wimageURL: NSURL = NSURL(fileURLWithPath: pFilepath)!
var wimageRef:CGImageSourceRef = CGImageSourceCreateWithURL(wimageURL as CFURLRef, nil)
if CGImageSourceCopyPropertiesAtIndex(wimageRef, 0, nil) != nil {
mcEXIF = CGImageSourceCopyPropertiesAtIndex(wimageRef, 0, nil)
} else { }

この調子で進めば、EXIF編集アプリは5月末〜6月末には完成できそうです。今、更新機能を実装しようとしています。どの項目を登録・更新可能とするか、決める必要があります。

Categories: Swift, 技術