Swift

Swift:アプリの終わらせ方

Macはウインドウ閉じてもアプリを終了させたことになりません。

アプリを終わらせるには、次のようなラインを書く必要があります。実行は、viewdidloadのあと、AppDelegateに書いた次のコードが1 ➡️ 4 ➡️ 3 ➡️ 2の順番で実行されます。もちろん、printlnは確認のためのものです。

func applicationDidFinishLaunching(aNotification: NSNotification) {
 Insert code here to initialize your application
 println(“AppDelegate1 applicationDidFinishLaunching”) 
}  

func applicationWillTerminate(aNotification: NSNotification) { 
 // Insert code here to tear down your application
 println(“AppDelegate2 applicationWillTerminate”)
}  

func applicationShouldTerminate(sender: NSApplication) -> NSApplicationTerminateReply {
 // stuff and return stuff    
 println(“AppDelegate3 applicationShouldTerminate”) 
 return  .TerminateNow    
}           

func applicationShouldTerminateAfterLastWindowClosed(sender: NSApplication) -> Bool {
 println(“AppDelegate4  applicationShouldTerminateAfterLastWindowClosed “)
 return true  
}     

これはObjective-Cのときにはできていたのですが、Swiftになって曖昧になっていた懸案事項です。きょう、上記コードを改めて書く必要があり、確認したらこれでOKでした。

Categories: Swift, 技術