つれづれ

徒然:Flickrのコメント

フォロワーが少し増えてきて、コメントが書き込まれるようになりました。

Flickrのコメントには、律儀に返事を書き込まなくてもいいようですが、そのままにしておくのも気がひけるので、返事を書くことにしました。

ほとんどが英語の短文です。時々、フランス語があります。英語以外は、翻訳を使い内容を推測しています。英語で書くのはそんなに問題がありません。1990年代は英語で考えていました。最近は、何もかも日本語に戻てしまったので、英語がパッと出てきません。どうせ英語は母国語でないし、できないことがわかっているので、文法的なまちがいは気になりません。しかし、表現が思い浮かばないのは悲しいです。老化現象の進行を感じてしまいます。慣れや習慣の問題だけに帰せません。

長いこと研究社の辞書やLongmanの英英辞典を後生大事にしていました。しかし、実用には、Weblioが一番役に立ちます。紙のものは、随分前に捨てました。昔、子供が留学するときにCOBUILDの電子辞書を買い与えたのですが、こういうもので勉強できればよかったのにと思います。COBUILDは2,300円のアプリがあります。でも、今、電子辞書やアプリを買っても、Weblioのように例文が豊富で類義語に飛んでいく手立てがないと、結局、使わないで終わるかもしれませんね。

英語を勉強しなくてはと思いながら、日が過ぎていきます。一体全体、前進しているのか、後退しているのか、疑問に思う日曜日の午後です。

Categories: つれづれ