つれづれ

徒然:Apple Musicの妥当な使い方事例

Apple Musicのうまい使い方はないものか研究しました。

既存の大量の楽曲を維持したままiCloudをどうするか考えても、また実際そのiTunesでiCloudと連携しないままApple Musicを使っても全く使い物になりません。

それで、次のようにしました。

iMac

  • 既存の大量楽曲はiMacで従来通りの使い方をする。
  • CD楽曲はLANディスク。
  • アンプとの接続はAirMac経由。

MacBook Air

  • MacBook Airに新しいログオン・アカウントを作成し、iMacと同じAppleアカウントでiTunesをiCloudと連携させる。
  • iMacとMacBook AirのApple IDは同じにし、アンプとはAir Macで接続する。両者の違いは、iMacの楽曲ソースはLANディスク、MacBook Airの楽曲ソースはiCloud(Apple Music)という点。

得られるメリット

  • iPhone / iPadとApple Musicを共用できる。Apple Musicもフル機能で使えるし、CD楽曲も併用できる。
  • iPhone / iPadとApple Musicを共用するという意味は、マイミュージックに取り込んだ楽曲を共用するということにほかならない。共用メリットは、①Apple Musicをストリーミングで聴ける、②オフラインでも聴ける、③iPadやiPhoneとの同期が容易等。
  • Apple MusicからiTunesマイミュージックに楽曲を取り込むと、そのソースがどこにあっても、ハンドリングは同じになる。CD楽曲ベースからApple Musicへの移行は意外と簡単で、この流れに流される可能性大。
  • 品揃えと手軽さでは Apple Musicが優位。

今後の課題として、次のようなことがあります。

課題

  • Apple Musicを利用すると、CDから落としたものは将来確実に聴かなくなる可能性が高い。
  • Apple Musicの980円/月は256kbpsなので、320kbpsの料金の高いサービスがはじまったり、そもそも料金自体が高くなったとき、脱落リスクに対してどうするべきか事前検討が必要。
  • 自分のCDベースの楽曲に執着しない選択肢とその場合のオプションも検討すべき。たとえばiCloudに500GB〜1TBの楽曲スペースを割くことが賢いかどうか。iCloudスペースを購入してまで自分のCD楽曲にこだわるのは愚か?
  • しかし、持っているCD楽曲を潰すのはもっとリスク。自然に使わなくなるのを待つか?

Categories: つれづれ, 技術