つれづれ

徒然:FirefoxとGoogleについてのメモ

cookieを制御するときに注意したいこと。まちがいがあったので訂正しました。

Firefox、Ghostery、Adblock Plus、Biscuit、CS Lite Modでcookieの管理をしています。MacBook Airに新しいアカウントを作る必要があり、設定をしていて気付いたことです。

接続しているIPがUSでFirefox英語版で言語が英語のとき

  • Firefox英語版ならgoogle.co.jpでなく、google.comで検索する方法があります。追記(12/20/15)日本からアメリカのGoogle (google.com) で英語で検索する方法を参照してください。
  • 多分、このハンドリングに関わる問題はGoogle検索の問題というよりか、Firefoxの問題(Googleとの契約あるいはバグ)に起因する何か?ただし、挙動はSafariと同じですから何とも断言的には言えません。
  • 問題となる点は、URLのリダイレクトです。分散処理をしているつもりかもしれませんが、勝手にリダイレクトされるというのは、あまりよろしくない挙動です。

どこを使うのがいいかは別として、google.comだけの方が単純でいいと思い、Firefox英語版に言語は英語だけにして使ってきたのですが、そんな違いがあることがわかりました。あと、Firefoxの仕様がGoogle寄りに変更になっているようなので、セキュリティの点では、Firefoxを再考すべきかもしれません。

蛇足ですが、Firefox英語版で言語を英語とした場合でも、日本語表示や検索には問題がありません。ただし、検索のときは、「& 設定」のように日本語を入れないと、本当に英語だけが検索されてしまいます。また、google.comをブロックしても、基本的な問題はありません。Javaは必要に応じてgoogle.comをonにすればいいです。

そんなこんなでgoogleをあれこれ試しているのですが、お検索エンジンは、DuckDuckGoが一番、とそこに落ち着くような気がします。FirefoxがGoogleに寄った仕様に変更したのは残念なニュースかもしれません。SafariもNoScript相当のaddonがあるので再考の時期なのかもしれませんね。

Categories: つれづれ, 技術