Swift

便利にMac:プライバシー対策をアップデート

紆余曲折の末、プライバシー対策を再度修正しました。

必要があり、Safari用フィルタを追加しました。SafariとFirefoxのuBlockに共通のフィルタになります。アップデート内容は次の通りです。

なお、ソースコードもSwiftだけは最新版にしました。


2015.8.18 Adblock PlusはGoogle tracking cookieを有効にする問題があるため使うのをやめました。再び、Adblock Edgeを使うことにしました。uBlockもGoogle tracking cookieを素通しするので使うのを停止しました。

2014.12.12 Firefoxをリセットするとアドオン設定がクリアされてしまいます。リセットはやめたほうがいいです。この事故を受け、本稿を修正しました。使用中とあるものが現在つかっているものになります。

2014.4.11 SafariでAdblock Plusが使えるようになったので、FirefoxでもAdblock Edgeに代わり、Adblock Plusを使うことにしました。


Safariプライバシー対策(8/17/2012追加)

きょうまで何年もFirefoxを使い続けてきたのですが、SafariもJava制御 / 広告やトラッキングのフィルタリングができるアドオンリリースされ、Safariに乗り換えてもいいかな、と考えるようになりました。Safariで使え るこれはいいと思われるアドオンは次の通りです。

Adblock Plusを使うべきでない!!

先程、Adblock Plusで、対応するFirefoxのフィルタは存在しない(登録されているフィルタがすべて存在しない)にもかかわらず、google doubleclickが有効になる問題を見つけました(次のグリーンの文字の部分)。これでは、Adblcok Plusはあてになりません。知らないで使っていたら、大変な目にあいます。SafariもFirefoxもAdblock Plusを使うべきでないですね。

例) 同じフィルタを使っているのに、次の通り、ブロックされているものが違います。Adblock Plusはフィルタでなく、プログラム内でスポンサーのフィルタを特別処理していると考えられます。やれやれ。

uBlockも使うべきでない!!

今朝、Firefoxを見ていたら、uBlockがGoogle AdsenseやAnalyticsをスルーしていることがわかりました。やれやれ。これでは、Ghosteryがトラッキング・クッキーをブロックして いるとは言え、使うのに不安が残ってしまいます。 よって、当面、uBlockは広告削除フィルタ作成ツールとして使うことにします。つまり、Element Hiding Helperの代わり。

せっかくフィルタを登録したのに、ブログの修正が必要になりました。

Adblock Plus on Firefox (問題あり)

スクリーンショット 2015-08-18 00.23.06

Adblock Edge on Firefox (問題なし)

※ 残念なことに、Safariには、Adblock Edgeアドオンがありません。

スクリーンショット 2015-08-18 00.40.16

Safariで使えるアドオン

uBlock : Adblock Plus代替にならなそう?

JavaScript Blocker : NoScript代替。

Ghostery

現時点では、uBlockはベータ版ですが、かなりいい線まで出来上がっています。フィルタをカスタマイズする場合、uBlockのMyルールを使 わないようにしてAdblock Plusとの互換性を維持する戦略を取れば、最悪のケースでもAdblock Plusに戻れます。し かし、Adblock Plusは使えないので、結局、uBlockの正式版リリース待ちとなり、それまではFirefoxを使うしかありません。と思いきや、google cookieを素通しする問題が見間違いでなければ、uBlockも使えません。よって、一旦、登録していた次のuBlockフィルタは破棄します。

Myフィルタはここにあります。Firefoxもこの同じフィルタが使えます。FirefoxのuBlockは正式版で、Safariよりは完成度が高いようです。

① raizan2ame.txtはカスタマイズ・フィルタ+日本語フィルタの一部。
② EasyListから解除フィルタを除いたもの。
③ EasyPrivacyから解除フィルタを除いたもの。
④ Fanboy’s Enhanced Tracking Listから解除フィルタを除いたもの。

Myルールはここにあります。

これは勉強用に使うのは構いませんが、恒久的に使わない方がいいです。全部削除しても、影響はありません。むしろ、これを使い続けると、Myフィルタと矛盾が生じる障害があり、あまりよろしくありません。


Firefoxプライバシー対策

  • uBlockを使い始めました。しかし、google cokkieを素通しする問題があるようなので本来の目的で使うのをやめました。Adblock Edgeに戻しました。
  • uBlockのバックアップ/検証用としてAdblock Edgeを使います。

Adblock Edge用のフィルタはここにあります。Firefoxもこの同じフィルタが使えます。FirefoxのuBlockは正式版で、Safariよりは完成度が高いようです。

① raizan2ame.txtはカスタマイズ・フィルタ+日本語フィルタの一部。
② EasyListから解除フィルタを除いたもの。
③ EasyPrivacyから解除フィルタを除いたもの。
④ Fanboy’s Enhanced Tracking Listから解除フィルタを除いたもの。

Categories: Swift, 技術, 便利にMac