徒然:ついていない。それともラッキー?

とうとう、カメラが壊れてしまいました。

キヤノンは、SDカードをロックしていないのに、ロックしているよ、と言ってきます。富士フイルムはレンズのカバーが閉まらなくなり、試しに修理代を聞いたら1万円超。

いずれ修理するとしても、ここは日頃調べておいた一眼レフカメラを買ういい機会です。それで、少し思い切ってヨドバシカメラに注文を入れました。

最近、アマゾンよりもyodobashi.comを利用することが多いです。500円くらい安いのと、修理のことを考えるとヨドバシカメラの方が安心できます。店舗で買っても、ネットで買っても同じというのがいいです。

まあ、これはきっかけを作ってくれたということで、ラッキーと考えています。ついていないと言ってしまえば、この人生、全部ついていないという気もしますからね。ああ、なんという人生だったんだろう、この先も先細り、何もない。それでは、気が滅入ります。

いつも明日は明日の風が吹いていました。思い通りにならないことが当たり前だったし、無理して何かを変えようとしなくても、それはそれで過ぎ去って行きました。過去のすべてが現在という結果を作り出している、そう考えること自体、多くの場合、ひとつの幻想でした。

Advertisements