技術

便利にMac:「カメラが検出されません」

一見すると、デバイスがMac OS Xに認識されないエラーと勘違いしてしまいます。

でもだいじょうぶ。これは、カメラがMac OS Xにつながっていないエラーではなく、アプリケーションフォルダの中にある「イメージキャプチャ」というアプリが「カメラを検出できない」というエラーです。

対処の仕方は簡単です。

  • カメラをMacと接続し、電源をONにします。
  • アプリケーションフォルダの中にある「イメージキャプチャ」を起動します。
  • カメラをクリックします。下図の場合、D5300。
  • 接続したときに自動的に開くアプリを選択します。下図の場合、写真.app。

スクリーンショット 2015-08-27 20.34.03

参考:iPhone を Mac に接続した時に出る「 カメラが検出されませんでした」の表示を消す方法

Categories: 技術, 便利にMac