技術

便利にMac:D5300のA-GPFファイルの更新

D5300のA-GPSファイルの更新のしかたのメモです。

調べた結果、少し違っていた箇所もあり、整理する意味でメモっておきます。

  • まず、A-GPSファイルは、衛星による位置情報取得だと衛星捕捉に時間がかかるので、携帯電話の電波から位置情報を捕捉するオプション的な手法に利用されるファイルです。
  • A-GPSファイルを利用するメリットは、位置情報を短時間で捕捉できるというほか、衛星を捕捉できない屋内でも携帯電話の電波が通じれば位置情報を捕捉できることです。
  • 利用上の制限事項は、2週間に1回、A-GPSファイルをダウンロードし更新しなければならないことです。

初期設定:

  • D5300でSDカードをD5300で初期化します(D5300)。
  • MacにSDカードをセットします(Mac)。
  • トップフォルダの中にNIKONフォルダを作成します(Mac)。
    (注意)NIKONフォルダは下図のようにDCIMフォルダの中にではなく、トップフォルダの中に、つまりDCIMフォルダに並べて追加・作成します。マニュアル等では、SDカードを初期化するとNIKONフォルダが自動的に作成されるか、DCIMフォルダが存在しないかのような記述がありますが、実際はそうなっていませんでした。

スクリーンショット 2015-08-28 20.38.31

A-GPSファイルのコピー:

  • ニコンのサイトからA-GPSファイルをダウンロードします(Mac)。
  • NIKONフォルダにA-GPSファイルをコピーします(Mac)。

A-GPSファイルの更新:

  • 位置情報➡️GPS設定➡️A-GPSデータ更新(D5300)。
  • 更新が終わると、メッセージが主力され、もう一度A-GPSデータ更新をしようとしてもせんたくできないようグレーアウトされます。

Categories: 技術, 便利にMac