Swift

Swfit:細かい不具合

画像ファイルがあるフォルダを自動抽出して、フォルダがクリックされたときにサムネールを展開するようにしています。

問題なのは、フォルダ中に画像ファイルがないか、フォルダの中のフォルダのどこかに画像ファイルがないときです。これをひとつひとつ書いていったらキリがないのでリカーシブルにしています。

ところが、フォルダの中のかなり下の階層にある画像ファイルを自動的に表示できない問題があることがわかりました。この問題は対処済みだったはずですが、よく調べたら、フォルダを展開していく機能の実装と展開されたフォルダをチェック・サムネールを作成する機能が違うことが判明しました。

今までその二つの違いを意識していなかったし、うまく行っていたので気に留めていなかったのですが、改めて違いがあることがわかり、修正を入れました。この箇所はロジック的にむずかしくパパッとやれないところなので、慎重に修正しました。ほんの50ラインほどなのですが、気を使いました。

これでPhotosライブラリ対応は完成。

photo.framework対応はとりあえず先送りして、地図のクリックを拾う方法がないか、もう少し調べることにします。こちらも出口が見えないので、保留、先送りにしているのですが、余力があるときに少しずつ調べたいと考えています。

Categories: Swift, 技術