Swift

Swift:地道に都市の座標を整理する。

これはもう力仕事です。

まず、配列の仕様を決める必要があります。

次に国名・都市名・緯度・経度などを調べる必要があります。

実は、世界の都市の緯度・経度をテキストに整理したサイトがあります。天気予報を出しているwebサイトにあったものらしいです。最初、これを使おうと思ったのですが、日本語の地名をよくよく見たら馴染みのないもの、どうやら間違っているらしいものを見つけてしまい、使うのをやめました。数千箇所の地名は魅力的ですが、間違いを修正できないと品質の劣化になるからです。

それで、地道に自力でできるもの、つまり、国+首都だけを網羅する作戦に切り替えました。これなら、200か300カバーすれば、それらしくなります。

それで、Wikipediaを使おうとしたのですが、未整理のものが出てきたので、Wikipediaは使うのをやめました。

次のものが参考になります。

プログラムは都市名か国コードを入れると、その首都か、主要都市を表示できるように実装しました。なお、国名をどうするか、まだ最終的に決めていないません。とりあえずは、コメントで明記しています。コメントにするくらいなら、配列に入れたほうがいいのですが、英語名と日本語名を入れるとなると使い方も検討しないといけないので、現時点では、手をつけないことにしました。

Categories: Swift, 技術