Swift

Swift:NSPopUpButtonに配列データをアサイン。

なるほど。こういうふうに使えばいいのですね。

世界各国の都市名を配列に定義する作業は、アフリカを残すのみとなりました。昔から力仕事は得意だったので、少しホッとしています。

最初は、国コードか都市名を入力してもらい座標に変ん関する方法を考えていました。しかし、配列を作っている間に、都市名が長くてこれは無理筋なものもある、と理解しました。それで、PopUpをさせたくなりました。やってみたら簡単にできました。

@IBOutlet var zMapPopupCity:NSPopUpButtonCell!
var wCity:[String]    = []

//wCityに表示させたい項目をsetする。

cm.zMapPopupCity.addItemsWithTitles(wCity)

ところで、選択された位置を知るには?

これも、次のように書けばいいでした。

var inx:Int = cm.zMapPopupCity.indexOfSelectedItem

スクリーンショット 2015-09-30 12.06.26

日本語と英語との切り替えはいいとして、都市名の並びを言語選択により変えた方がいいような気もします。例えば、英語の場合は米国、西欧を上側に持ってくるべきではないか、と考えています。

Categories: Swift, 技術