Swift

Swift:力仕事は一段落。

世界各国の首都と座標、米国の州都と座標の全部の入力が完了しました。

ちょうど300行で、予想通りでした。

このあとは、日本の政令都市を入れ、それから思いつくまま適当な観光地を入れます。と、ここまで考えているうちに、ランダムに追加するには、座標を調べることが必要で、webで検索していたらキリがありません。よくよく考えたら、地図に座標は表示済みなのでこれを使うことにしたいと思います。選択可能にするには、textFieldをnone(not editable)からselectableにする必要があります。

実際使ってみると、いろいろ新しいアイデアが思い浮かびます。

Categories: Swift, 技術