つれづれ

徒然:安全保障関連法反対!と野党の役割

時々、政治のことを考えます。厳密には、政治ではなく、政治家の役割について考えることがあります。

私のような単純な頭の持ち主には、野党が「安全保障関連法は憲法違反だから廃案にするべきだ」と主張するとき、「安全保障関連法は、憲法を変えて実現するべきだ」とか、「憲法違反にならないように、先に憲法を変えろ」というふうに聞こえてしまいます。

日本国憲法は変えることができることになっているので、変えるべきか否かの立場は別にして、変えることができます。「憲法は絶対に変えるべきでない」という主張は、最終的には、多数決に帰結します。三分の二という境界線があるようですが。

それで、野党の反対は、多数決で憲法を変えてしまえば、「何だってできる」「何でもやっていい」という主張と同じに聞こえ、実に無味乾燥な主張だな、と思えてきます。平和憲法を維持するべきだというのは、重々理解できるのですが、教条主義・原理主義的に呪文を繰り返すことがなぜ現在の平和を維持可能とするのか、さっぱりわからないのです。

また、安全保障関連法について国民の理解が進んでいないと言われていますが、野党の皆様は何時間も国会で自己主張をされることはあっても、法案がケースでどういう意味を持つのか、ひとつひとつ検証するための質問をされたのでしょうか?また、百歩譲ったとして、成立した安全保障関連法をどのようにして廃案にするのか、そのプランとか、プロセスについて何か示されたことがあるのでしょうか?

一般に、理解が進まないのは、質問がない場合です。反対だから全く違う対案を出すというのはひとつの考えですが、その対案がないのなら、何がどう問題なのか明らかにするべきです。「憲法違反だからダメだ」「憲法学者が憲法違反だと言っている」ではなく、安全保障関連法の何がどう問題なのか、ひとつひとつ明らかにしてもらいたい。そうすれば、廃案にむけてどういう活動をすればいいか、選挙でなぜ野党に投票した方がいいか明らかになったのではないでしょうか。

野党の長い長い演説や議長への跳び乗り・閉じこめ行為などは、税金の無駄遣いを国民に示しただけです。これは強い共感を呼ぶというよりは、小さい子供に、反対したいときは何でもありなんだよ、と身をもって示しているようなものでした。政治家がこんな調子では、日本の民主主義が成熟するには、もっともっと時間がかかります。

個の自立とか、自由とか、どこ吹く風。国会議員が日本を壊していると思われる今日この頃です。