Swift

Swift:Photosライブラリは写真をコピーしてメタ情報を編集。

Photosライブラリの写真のメタ情報の修正の仕方と写真のコピーを作るときのfilepath情報の持ち方を変更しました。

昨日書いたように、Photosライブラリで修正してもエラーにはならないのですが、Photosアプリに修正が認識されないので、

  • Photosライブラリ内の写真は当該アプリが管理するフォルダ内にコピーを作成し、修正

することにしました。

メタ情報の修正に失敗した場合、Photosライブラリの写真でなくても、複製された写真が元々存在していたものでなければ、その写真を削除しておかないと、ゴミが増えていきます。当然、複製された写真を削除するボタンは用意していますが、それとこれとは別の話です。

メタ情報の修正に失敗がないというのが理想的です。しかし、現実はそうなっていません。メタ情報の修正に失敗したときの現状復帰のロジックは複雑なので、できるだけ単純化しておくべきです。それで、

  • filepathの管理は、ひとつの配列で行い、copyを削除するときのPopup名、オリジナル写真のfilepath、複製写真のfilepath、出力先のfilepathを一箇所で作成

することにしました。

Photosライブラリ以外で上記修正がOKになりました。

Photosライブラリの場合、フォルダの持ち方をPhotosと同じにしようかどうか迷っていたのですが、そうすると写真を探し出すのが面倒になります。

  • Photosライブラリの写真は、単純にファイル名だけを取り出し、.Mesa.jpgファイルを作成する

ことにします。今日中には、Photosライブラリ関係も完成する見通しが立ちました。やれやれ。

Categories: Swift, 技術