Swift

Swift:あとふたつ。

ようやく、残りが辞書の初期化とアプリアイコンの作成のふたつになりました。

Photosライブラリの写真のメタ情報を編集はコピーを作ってから行うように修正しました。このとき、写真のfilepathの持ち方をPhotosライブラリと一般フォルダで共通にし、プログラムの処理を同じ流れにしました。

また、従来、表示している写真のfilepathをプログラム内部で使っていたのですが、表示を変えたい場合、それでは不都合があるので分離しました。

少しきになる点は、カーソルを動かして何らかのイベントがキックされたとき、それが意図的であるかどうかは別として、無効にすべきかもしれません。表の場合、たとえば写真をカーソルを上下に動かして表示を変える場合、deselectedされると返って不都合がありますが、text field等に置かれたものは無効にすべきかなあ、と考えている次第です。

残りの辞書無効化は、現時点では、削除方法が見つかっていないので、valueをセットするしかないかもしれません。この方法はあまりにプリミティブでいかがなものかという気がしますが、最悪、やむをえません。でも、簡単なことだと思うのですが・・・・。

Categories: Swift, 技術