Swift

Swift:ドキュメントは完成。

英語版に続き、日本語版も完成しました。

日本語版は、先に英語版ができていたので楽だったのですが、それでも単純作業だったの休み休みになってしまいました。書いていて、意味不明の英単語が出てきたのでびっくりしました。両方とも、だれかに読んでもらい、最低、形だけでも査読としないといけませんね。

アプリの方は、最後にもう一度全部のメタ情報を修正してみて、仕様通りか確認します。そのあと、Appleに登録するつもりです。これで何とか目標の10月中にリーチできそうです。登録をクリアするのは、最悪の場合でも、今年度末と考えています。

登録の手続きが終わったら、早速、次のアプリ(モジュール構造図作成)の仕上げとドキュメント作成に着手します。プリンとかファイル出力の機能追加を検討しないといけませんが、すでに完成していますのでそんなに時間はかからない見込みです。できれば今年中に登録までこぎつけたいところです。

あっ、目次を作るのを忘れていました。今から作ります。もちろん、表紙にページ番号は表示しません。スクリーンショット 2015-10-27 17.19.35

目次と索引を作るのは、手作業では面倒です。今回は索引は作りません。目次だけにします。

大昔、マニュアルを作るアプリを開発したとき、目次と索引を自動抽出し、ページ番号と合わせなければなりませんでした。それでページ番号と抽出項目が一致しないバグが発生して修正したことがあります。前にも書きましたが、大きな表が数ページに泣き別れたときの処理は大変で、苦労しました。

今は、どうなっているのでしょう?MS Wordなどでみたことはありません?デザイナか印刷会社の従業員に強引に手作業で抽出させているのでしょうか。日本語組版のソフトだと基本機能としてあったものです。今は欧米に敗北し、組版そのもが死語になっているような気もしますが、実態は全く承知していません。

Categories: Swift, 技術