Swift

Swift:配布用ProvisioningProfileの生成

先の配布用Certificateの生成に続き、配布用ProvisioningProfileの生成を行いました。

まず、この一連の手続きもCertificate(証明書)を生成する方法(配布用証明書編)に詳しく書いてあります。詳細は体系的に書いてあるそちらのブログを参照した方がいいでしょう。OS Xバージョンの違いよる若干の差異がありますが、今回は学習済みだったので気にせず、次々に進みました。ついでながら、Pagesの使い方にだいぶ慣れてきました。

Apple Developer ProgramのCertificates, Identifiers & ProfilesでMac AppsのProvisioning Profilesを選択。

スクリーンショット 2015-11-18 18.22.52

Provisioning Profilesが選択選択されていることを確認して、+をクリック。

スクリーンショット 2015-11-18 18.51.08

DistributionのMac App Storeを選択し、Continueをクリック。

App IDをクリックして、その中から配布Certificateを選択し、Continueをクリック。

今回、iCloudとIn-App Purchaseへのアクセスがないのでwild cardと呼ばれる.*を選択しました。これでいいかどうか、もっと先まで進めてみないと何とも言えません。

先に登録した配布用Certificateを選択し、Continueをクリック。

スクリーンショット 2015-11-18 20.34.39

配布用ProvisioningProfileに名前をつけ、Generateをクリック。

配布用ProvisioningProfileが生成されたので、Downloadをクリック。

配布用ProvisioningProfileが生成されたので、Doneをクリックして終了。Certificates, Identifiers & Profilesに戻ると、確かに追加されています。。

スクリーンショット 2015-11-18 18.24.35

先配布用ProvisioningProfileのダウンロードは、新たに作成された行をクリックしてDownloadをクリックします。

Categories: Swift, 技術