Day: November 20, 2015

Swift:次にやるべきことはXcode設定。

言うまでもなく、この次にやるべきことはXcodeの設定です。

まず、現状調査からスタート。元々、XcodeでMapを使うために開発用のID等が登録されています。よくわからないので、この中からproductionに関係するものを変更して試すことにしました。内容の信憑性については全く自信がありません。登録が終わったときに、これで良かったかどうか判明します。

Project➡️Targetsでアプリを選択➡️General

  • ここでは、①App IDの設定がポイント。Apple DeveloperのCertificates, Identifiers & Profilesの左ペインにあるIdentifirersをクリックして、登録用のApp IDを探し、これをcopy and pasteすればいいです。
  • ②ディベロッパアカウントは既に開発開始時に設定されているはずで変更は不要。というか、別のものに変更するにしても思いつくものもない。

Application Photography
Bundle Identifier App IDsをcopy and paste
Version 1.0.0
Build 1.0.0
Signing Mac App Store
Team ディベロッパアカウント:氏名(メールアドレス)を選択。

Project➡️Targetsでアプリを選択➡️Build Setting

  • Code Signing Entitlement / Code Signing Identity / Provisioning Profileの▶︎をクリックして展開し、DebugはそのままにしてReleaseのみ次のように変更することにしました。Mac Provisioning ProfilesのDistribution用の名前を設定しました。

Code Signing Entitlement 空白なので何も設定せず。
Code Signing Identity Mac DeveloperをMac Distributionに変更。
Provisioning Profile Provisioning ProfilesのDistribution用の名前を設定。

きのうは、DebugとReleaseの両方にDistribution向けの設定をしてしまい、build errorが出てしまいました。

  • 展開してReleaseのみをDistribution向けの設定をしたらbuildできるようになりました。
  • もうひとつの成果(?)は、Provisioning Profileを設定してもOKになったことです。

Packaging

この下の方にPackagingがあります。この中は特に何も設定しませんでした。次の値が入っていました。pppはプログラム名です。なお、今の設定では、プログラム名はDistribution用の名前と同じです。

Packaging

Info.plist File ppp/info.plist
Product Bundle Identifiler App ID
Product Name ppp

ここまでやってみて、果たしてこれでいいかどうか、よくわかりません。それで、次のステップが何か?

今までやったことが何だったか復習しながら、次にやるべきことが何か調べることにします。時間がかかり、まだるっこしいですが、これしか思いつきません。